お知らせ

ふるさとワーホリ

徳島市ふるさとワーホリ体験記No.21 チョンさん

韓国出身、東京都在住。令和5年度徳島市ふるさとワーキングホリデー参加者。
藍染事業所「長尾織布合名会社」で就労体験。

友人からワーホリの話を聞き、面白そうだと思って参加した。

ー普段はどういった活動をされていますか?
大学で研究活動をしたり、リサーチ・アシスタントをしたりしています。
休日はカフェやパン屋さん巡り、カラオケ、散歩などをして過ごしています。

ー徳島市ふるさとワーホリ参加のきっかけを教えてください。
友人からふるさとワーホリの話を聞いたことがきっかけです。
伝統産業事業所で働きながら、職人さんの技術や姿勢を学べるところに惹かれました。
藍染事業所での就労体験が面白そうだと思い、徳島市ふるさとワーホリへの参加を決めました。

藍染は失敗がなく、自由な発想で染められることが新鮮だった。

ー「長尾織布合名会社」での就労体験はどうでしたか?
職員の方々が丁寧に教えてくださり、いろいろな仕事に携わることができました。
藍染には失敗がなく、「自由な発想で染められる」という考え方が私にとって新鮮でした。
特に糸を結んだり探したりするのが楽しく、古い機械を扱うなど貴重な体験もさせていただきました。
同じワーホリの参加者と過ごした1週間は、居心地の良い時間でした。

住んでいる地域に誇りを持って生きる気持ちを味わうことができた。

ーホリデープログラムの感想をお聞かせください。
住んでいる地域に誇りを持って生きていくという気持ちを味わうことができました。
これから自分はどのようなところで住みたいのかを積極的に考えたいです。
外国語でのコミュニケーションなどに疲れ、周りの人に思うように親切にできなかったことが心残りでした。

ー徳島市暮らしを体験してみてどうでしたか?
パソコンから離れてリフレッシュできた1週間で、普段の生活ではできないような体験が盛りだくさんでした!
今はとにかく徳島のことを忘れたくないので、RadikoでFM徳島や四国放送などのローカルラジオを聞いています。

ー徳島市の魅力をお答えください!
実際に踊ってみて楽しかった阿波おどりです!
他にも、新町川水際公園の夜景がきれいでした。
そして、就労体験をさせていただいた長尾織布さんと、事業所がある徳島市国府町もおすすめです!

滞在スケジュール

8/20(日)■到着日/オリエンテーション/交流会
・宿泊先のゲストハウスにて参加者同士の交流会
8/21(月)■就労1日目
8/22(火)■就労2日目
8/23(水)■就労3日目/ホリデープログラム
・地元で人気の徳島ラーメンに舌鼓
・有名連の阿波おどり練習を見学・体験
8/24(木)■就労4日目
8/25(金)■就労5日目/ホリデープログラム
・ひょうたん島ナイトクルーズに乗船
・阿波おどり会館で有名連による公演を鑑賞
8/26(土)■ホリデープログラム/送別会
・徳島市内の木工事業所めぐり
・徳島の名産が揃うレストランでランチ
・徳島の伝統芸能、阿波人形浄瑠璃を鑑賞
・徳島市内唯一の海水浴場「小松海岸」を散策
・吉野川を横断するひょうたん島クルーズに乗船
・新町川に面した飲食店で参加者と事務局による送別会
8/27(日)■解散日/ホリデープログラム
・とくしまマルシェ散策
・藍染体験

事務局から

徳島の方言に苦労され、気疲れもあったかもしれませんが、少なくとも私たちがお話させてもらうときには全くコミュニケーションに問題を感じませんでした。
就労体験では、実際の商品製造に携わって、染める前の絞り作業、仕上げのアイロン当てから包装まで、染色作業では染液の撹拌、から染め、洗い、仕上げまで全工程を経験されたと思います。
暑い季節の現場作業で、汗だくで頑張っていた姿が印象に残っています。
また、手仕事の効率性について率直な意見を聞かせていただき、たいへん参考になりました。
ホリデープログラムでは徳島の文化に高い関心を持っている様子が印象的でした。
チョンさんから韓国の文化を教えてもらえて勉強になりましたし、今回感じた徳島市の魅力を日本にとどまらず、ぜひ韓国にも伝えていただけるとうれしいです。
観光などで徳島市に遊びに来たときは、移住交流支援センターにも寄ってくださいね。

就労事業所「長尾織布合名会社」

所在地:徳島市国府町和田189
業務内容:藍染商品製造にまつわる準備等も含めた藍染作業全般に準ずる業務内容
公式HP:https://awa-shijira.com/

長尾織布合名会社は、徳島市国府町にある藍染事業所です。
明治30年創業で、阿波藍と阿波しじら織の両方を手がけている工場。
阿波しじら織は、経糸の張力差を利用して生まれる独特のシボ(凸凹)が特徴で、サラリとした肌触りの良さが特徴。
浴衣はもちろん、シャツやインテリア用品など現代の暮らしにフィットする品も多数生み出されています。
予約制で織物工場の見学や藍染体験を受け付けており、ショールームでは多彩な藍染、しじら織製品のショッピングも楽しむことができます。

CONTACT

徳島市移住交流支援センター

相談方法

直接訪問、電話、メール、LINEにて相談いただけます。
Zoomでのオンライン相談も実施可能ですので、
徳島市移住交流支援センターまでお問い合わせください。
(直接、ご訪問いただける場合は、事前にご予約をいただければスムーズです。)

公式LINEはこちらから

営業時間

午前10時から午後7時まで(年中無休。土曜・日曜・祝日も営業)※1月1日はお休みとさせていただきます。

問い合わせ先・住所

〒770-0834 徳島市元町1丁目24 アミコ東館1階外側
電話:088-621-5083
メール:tokushima@iju-tokushimacity.jp