お知らせ

ふるさとワーホリ

徳島市ふるさとワーホリ体験記No.20 阿古江さん

福井県出身、大阪府在住。令和5年度徳島市ふるさとワーキングホリデー参加者。
藍染事業所「長尾織布合名会社」で就労体験。

「四国」「藍染」という二つの初めてを体験するために参加を決めた。

ー普段はどういった活動をされていますか?
大阪の大学に通っている大学4回生で、来春には卒業して就職する予定です。

ー徳島市ふるさとワーホリ参加のきっかけを教えてください。
大学を卒業するまでにいろいろな経験をしたいと思っていた中で、徳島市のふるさとワーホリに参加すれば「四国を訪れる」と「藍染に携わる」という、自分にとって二つの初体験ができると考えて参加しました。

写真左が阿古江さん

就業を通して藍染産業への解像度が高まった。

ー「長尾織布合名会社」での就労体験はどうでしたか?
想像していたよりも、しっかりと働く経験ができて充実していました。
体力的には楽ではありませんでしたが、振り返ってみるととても貴重な経験をさせていただけたなと感じています。
藍染の準備段階から、染め・梱包まで一連の作業を経験できたことで、藍染産業に関しての解像度がかなり高まったと感じています。

写真中央が阿古江さん

徳島は美味しい食べ物が多く1週間の滞在では食べきれない(笑)

ーホリデープログラムの感想をお聞かせください。
午前は伝統産業の事業所めぐり、午後は阿波人形浄瑠璃の鑑賞・体験と、初めて触れることばかりで、ずっとワクワクしていました。
人形浄瑠璃に関しては事前知識すらほとんど持っていませんでしたが、新鮮な経験となり観覧も練習もとても楽しかったです。
1週間のスケジュールは盛りだくさんでしたが、僕自身は元気が有り余っていたので最後までずっと楽しかったです!

写真中央が阿古江さん

ー徳島市暮らしを体験してみてどうでしたか?
とにかく食べ物がおいしく、人々が優しかったことが印象に残っています。
食材も味付けも美味しかったので、1週間では行きたいお店を周りきれなかったことが悔やまれます。
就労していた長尾織布の皆さんや、宿泊していたHostel PAQ 徳島で出会った方々との交流も貴重な経験で、徳島に来られて本当に良かったと感じています。

ー徳島市の魅力をお答えください!
個人的に羨ましいと思ったのは、阿波おどりをはじめ、市民としての共同体意識を強める機会が多いことです。
市民の多くが共通して誇りに思っているものがあることが、徳島の盛り上がりに寄与している部分があると感じました。
人口規模に対して街に明るい雰囲気が漂っていると感じるのは、そういう徳島への愛着が共有されていることも要因の一つなんだろうな、と思いました。

写真右から2番目が阿古江さん

滞在スケジュール

8/20(日)■到着日/オリエンテーション/交流会
・徳島市の中心市街地を巡るまち歩きイベントに参加
・宿泊先のゲストハウスにて参加者同士の交流会
8/21(月)■就労1日目
8/22(火)■就労2日目
8/23(水)■就労3日目/ホリデープログラム
・地元で人気の徳島ラーメンに舌鼓
・有名連の阿波おどり練習を見学・体験
8/24(木)■就労4日目
8/25(金)■就労5日目/ホリデープログラム
・阿波おどり会館で有名連による公演を鑑賞
8/26(土)■ホリデープログラム/送別会
・徳島市内の木工事業所めぐり
・徳島の名産が揃うレストランでランチ
・徳島の伝統芸能、阿波人形浄瑠璃を鑑賞・体験
・徳島市内唯一の海水浴場「小松海岸」を散策
・吉野川を横断するひょうたん島クルーズに乗船
・新町川に面した飲食店で参加者と事務局による送別会
8/27(日)■解散日

事務局から

就労先でのお仕事でも、ホリデープログラムでも、常に前向きで積極的な阿古江さんの姿勢が印象的で、頼もしく感じました。
就労では実際の商品製造に携わって、染める前の絞り作業、仕上げのアイロン当てから包装まで、染色作業では染液の撹拌、から染め、洗い、仕上げまで全工程を経験されたと思います。
将来仕事をするなかで伝統産業製品を扱う機会があるかもしれませんが、その時は製造現場の経験が大きな強みになると思います。
合わせて、同じ時期に就労していた参加者をサポートしていただき、ありがとうございました。
ホリデープログラムでは有名連の阿波おどり練習に参加した時も、阿波おどり会館公演でのおどり体験でも率先して取り組んでくれました。
滞在中、楽しみにしてくれていた徳島ラーメンも満喫できましたか。
他にもいろいろおすすめしたい美味しいお店がたくさんあるので、また徳島市に遊びに来てくださいね。

就労事業所「長尾織布合名会社」

所在地:徳島市国府町和田189
業務内容:藍染商品製造にまつわる準備等も含めた藍染作業全般に準ずる業務内容
公式HP:https://awa-shijira.com/

長尾織布合名会社は、徳島市国府町にある藍染事業所です。
明治30年創業で、阿波藍と阿波しじら織の両方を手がけている工場。
阿波しじら織は、経糸の張力差を利用して生まれる独特のシボ(凸凹)が特徴で、サラリとした肌触りの良さが特徴。
浴衣はもちろん、シャツやインテリア用品など現代の暮らしにフィットする品も多数生み出されています。
予約制で織物工場の見学や藍染体験を受け付けており、ショールームでは多彩な藍染、しじら織製品のショッピングも楽しむことができます。

CONTACT

徳島市移住交流支援センター

相談方法

直接訪問、電話、メール、LINEにて相談いただけます。
Zoomでのオンライン相談も実施可能ですので、
徳島市移住交流支援センターまでお問い合わせください。
(直接、ご訪問いただける場合は、事前にご予約をいただければスムーズです。)

公式LINEはこちらから

営業時間

午前10時から午後7時まで(年中無休。土曜・日曜・祝日も営業)※1月1日はお休みとさせていただきます。

問い合わせ先・住所

〒770-0834 徳島市元町1丁目24 アミコ東館1階外側
電話:088-621-5083
メール:tokushima@iju-tokushimacity.jp